/D-navi/ドラクエ8完全攻略/ ドラクエ8 竜神王の試練攻略


▼ 竜神王の試練 ご褒美 ▼



ご褒美効果
錬金釜の強化錬金釜が、錬金の待ち時間がなくなる『スーパー錬金釜』に進化する。
凄いチームモンスタートロデーン城南にある湖付近に『スマイル(メタルキング)』が出現し、スカウトが可能になる。
竜神の剣攻撃力+107 主人公専用
竜神のよろい守備力+110,主人公専用,炎・吹雪によるダメージを約40軽減
竜神のたて守備力+60,主人公専用,呪文・炎によるダメージを約30軽減
竜神のかぶと守備力+50,主人公専用,妨害呪文にかかりにくくなる


とりあえず何を貰っておくべき?
一番最初は何も考えずに『練金釜の強化』をしてもらおう。
待ち時間無しの練金ができるようになると世界が変わります。便利なアイテムが練成し放題です。(勿論材料があればだが…)
2回目以降は主人公のステータスを見て、強化したい部分を補える武具を貰う感じで良いだろう。
『凄いチームモンスター』なんかは一番最後に貰うくらいで良い。はっきり言ってこのチームモンスター(スマイル)は全然凄くないので。
とにかく大事なのは、真っ先に『練金釜の強化』をやってもらうこと。間違えても『凄いチームモンスター』なんか選ばないように注意しよう。


▼ 竜神王の試練 攻略 ▼



▼事前準備と基本戦術について
まず、守備力重視の装備品よりも、回避重視の装備品で挑もう。
ヤンガスは「闇の衣」ククールは「ファントムマスク」を装備しよう。
ドラゴン化した竜神王は高い確率で痛恨の一撃を放ってきて、喰らうとほぼ即死。
いくら守備力を強化しても防げないので、回避率を上げたほうが良い。
あと、「不思議なタンバリン」は必ず1個は欲しい。(作り方は錬金釜レシピを参照)
2個あると非常に楽になるが、「ドクロの兜装備+大どろぼうの鎌」の小技が実行できなくなるため、アイテムコンプを考えている人は1個だけに止めておこう。
レベルさえ足りていれば、タンバリン1個で充分倒せます。
オリハルコンが余っているなら、「賢者の石」も作りましょう。余ってない時は無理に作らなくても良い。
それぞれの役割は・・・
主人公・・・攻撃役(隼の剣装備で「はやぶさ切り」・ドラゴンスレイヤー装備で「ドラゴン切り」等)
ヤンガス・・・攻撃役または道具係(オノ装備で「かぶと割り」。タンバリン2個所有している場合は持たせよう。)
ククール・・・回復役(弓装備の場合、テンションが溜まった時に「さみだれうち」)
ゼシカ・・・道具係(ひたすら「不思議なタンバリン」を使い続ける。テンションが溜まった時に「双竜打ち」)

1人だけ回復すれば良い場合はベホマを。2人以上ダメージを受けている場合は「ベホマラー」を使おう。
テンション+ベホマラーだと、ほぼ全回復できる。
場合によっては、主人公の「ベホマズン」で回復補助を。
「賢者の石」は、回復手段を持たないヤンガスに持たせておこう。


▼第1戦目 竜神王→深紅の巨竜
竜神王HP:約2800呪文・特技:しんくうは・竜神の封印・せいけんづき・ジゴスパーク・瞑想・凍てつく波動
深紅の巨竜HP:約5000呪文・特技:つうこん・しゃくねつ・おたけび・ジゴフラッシュ
突破レベルはLv.47程度。
竜神王は必ず1ターン目に「竜神の封印」を使ってくる。この技は、高い確率で主人公の行動を3ターン封印する。
なので、1ターン目に必ず「チーム呼び」をして回避しましょう。回避に成功したら、すぐにチームを戻しましょう。
主人公は「はやぶさ切り」ヤンガスは「かぶと割り」ククールは回復、セシカはタンバリンを使用。
ククールやゼシカのテンションが50になったら「さみだれうち」「双竜打ち」を出しましょう。この辺でトドメを刺せます。

真紅の巨竜変身後も、基本戦法は竜神王の時と同じ。
ただし、相手のHPをだいたい半分削った辺りから「ジゴフラッシュ」を使用してくる。
この技は、全員に70程度のダメージ+マヌーサ効果を与える。
主人公がマヌーサ状態になったら、「ギガブレイク(ギガスラッシュでも可)」で攻撃しましょう。


▼第2戦目 竜神王→深緑の巨竜
竜神王HP:約2800呪文・特技:しんくうは・竜神の封印・せいけんづき・ジゴスパーク・瞑想・凍てつく波動
深緑の巨竜HP:約8000呪文・特技:やけつくいき・あまいいき・おぞまいしいおたけび・つうこん・もうどくのきり
突破レベルはLv.49程度。
竜神王戦は、第1戦目と同じ戦法でOK。

深緑の巨竜の「痛恨の一撃」は約450〜500喰らい、「おぞましい雄たけび」は全員が約140喰らう。
HP半分削った辺りから「焼け付く息」「甘い息」「猛毒の霧」を多用してくるので、攻略には多少の運が絡んでくる。
戦法は今まで通りでOK。もし余裕が無いときに攻撃役が眠ったら、無視しても良い。
非常に運が悪い人は「スーパーリング」を予めククールに装備させておこう。


▼第3戦目 竜神王→白銀の巨竜
竜神王HP:約2800呪文・特技:しんくうは・竜神の封印・せいけんづき・ジゴスパーク・瞑想・凍てつく波動
白銀の巨竜HP:約4800呪文・特技:つうこん・いてつくはどう・瞑想・輝く息・マホトーン
突破レベルはLv.50程度。
竜神王戦は説明の必要なし。

白銀の巨竜の「痛恨の一撃」は約500喰らう。守備力が非常に高いのも特徴
ヤンガスの「かぶと割り」で守備力を下げて一気に畳み込もう。
「かぶと割り」さえあれば全く苦戦はしないはず。

なお、この敵は「マホトーン」を使用するため、回復の要であるククールやゼシカに「マホカンタ」をかけておくと安心。
(凍てつく波動の効果では、「マホトーン」も解除されます。)


▼第4戦目 竜神王→黄金の巨竜
竜神王HP:約2800呪文・特技:しんくうは・竜神の封印・せいけんづき・ジゴスパーク・瞑想・凍てつく波動
黄金の巨竜HP:約5000呪文・特技:ためる・まれに三回攻撃・強制睡眠・ベギラゴン・イオナズン
ぶきみな閃光・ジゴフラッシュ
突破レベルはLv.50程度。

まれに3回攻撃してくる上に、ハイテンションで溜めて攻撃してくる。
もし前のターンでテンションを溜めたら、防御しておいたほうが無難。
「かぶと割り」の守備力減効果は効かない。4戦目の前に「タンバリン」をヤンガスに持たせよう。
ゼシカは「双竜打ち」で応戦。


▼第5戦目 竜神王→黒鉄の巨竜
竜神王HP:約2800呪文・特技:しんくうは・竜神の封印・せいけんづき・ジゴスパーク・瞑想・凍てつく波動
黒鉄の巨竜HP:約1500呪文・特技:強制睡眠・まぶしい光・三回攻撃・流星・ベキラゴン
突破レベルはLv.55程度。

守備力が異常に高いうえに、高い確率で3回攻撃を仕掛けてくる。ある意味では最強の試練とも言える。
攻撃手段は主人公の「雷光一閃突き」ヤンガスの「大まじん斬り」の会心の一撃狙いでしかまともなダメージは期待できない。 意外な事に、ハイテンション+ククール「魅惑の眼差し(カリスマスキル)」で400以上のダメージが期待できる。
主人公とヤンガスはひたすら会心の一撃狙いの攻撃を出す。もしも主人公が「雷光一閃突き」または「一閃突き」すらも覚えていない場合は、主人公を回復役にし、ククールのハイテンション+「魅惑の眼差し(天使の眼差しでも可)」でダメージを与えよう。

「ボストロール」「ギガンテス」「サイクロプス」など、痛恨の一撃を多く出してくれるスカウトモンスターで構成したチームを呼び出すのも手だ。
運が良ければ、もう少し低いレベルでも倒せるだろう。


▼第6戦目 竜神王→聖なる巨竜
竜神王HP:約2800呪文・特技:しんくうは・竜神の封印・せいけんづき・ジゴスパーク・瞑想・凍てつく波動
聖なる巨竜HP:約8000呪文・特技:ためる・稀に三回攻撃・いてつくはどう・とがった爪・かがやくいき
突破レベルはLv.55程度。

黒鉄の巨竜戦に比べるとそこまで苦戦しないはず。
相手がテンションを溜めたら、可能ならば「ぼうぎょ」しよう。
もしピオリムをかけ直すのが面倒ならば無理にかけなくても良い。


▼第7戦目 竜神王→深紅→深緑→白銀→黄金→黒鉄→聖なる→永遠の巨竜
竜神王HP:約2800呪文・特技:しんくうは・竜神の封印・せいけんづき・ジゴスパーク・瞑想・凍てつく波動
深紅の巨竜HP:約2500呪文・特技:つうこん・しゃくねつ・おたけび・ジゴフラッシュ
深緑の巨竜HP:約4000呪文・特技:やけつくいき・あまいいき・おぞまいしいおたけび・つうこん・もうどくのきり
白銀の巨竜HP:約2400呪文・特技:つうこん・いてつくはどう・瞑想・輝く息・マホトーン
黄金の巨竜HP:約2500呪文・特技:ためる・まれに三回攻撃・強制睡眠・ベギラゴン・イオナズン・ぶきみな閃光・ジゴフラッシュ
黒鉄の巨竜HP:約800呪文・特技:強制睡眠・まぶしい光・三回攻撃・流星・ベキラゴン
聖なる巨竜HP:約4000呪文・特技:ためる・稀に三回攻撃・いてつくはどう・とがった爪・かがやくいき
永遠の巨竜HP:約6500呪文・特技:おたけび・ためる・稀に三回攻撃・こごえる吹雪・しゃくねつ・マダンテ
いてつくはどう・邪悪な祈り
突破レベルはLv.55程度。
全部で8連戦。竜神王以降の「深紅の巨竜」から「聖なる巨竜」までの巨竜のHPは、半分となっている。
回復や蘇生でMPを大量消費しがちなククールの為に、予め「エルフの飲み薬」を最低でも2個は用意しておこう。

永遠の巨竜は、「マダンテ」を使用する。この技で少なくとも200〜250は喰らってしまうので、全員のHPを常に300以上保ちたい。また、3回行動でテンションを一気に50にしてしまう事があり、次のターンに「凍える吹雪」か「灼熱」を使用してくるので、相手がテンションを溜めたら全員「ぼうぎょ」しておいた方が無難。
「かぶと割り」による守備力減効果が効くので、ヤンガスは「かぶと割り」をガンガン使おう。
全員が相手よりも先に行動できると回復時に安心なので、ピオリムは必須。
ここまでの連戦を勝ちあがってこれたパーティーなら、永遠の巨竜も倒せる。全滅して再び挑むと非常に面倒なので、必ず回復優先で行こう。




/D-navi/ドラクエ8完全攻略/ ドラクエ8 竜神王の試練攻略
無断転載禁止 Copyright (C) D-navi, All rights reserved.